医療法人邦友会 猿渡ひふ科クリニック

院長紹介

院長紹介

最後は「薬や病院に頼らない」を目指す

皮膚の病気は様々ですが、生活の中に原因がある皮膚病が多く見受けられます。私たち皮膚科医は病気の原因がどこにあるかをまず考え、それを取り除きたいといつも思っています。もしそれが完全にできれば薬も治療も要らなくなるからです。しかし実際はなかなか原因は見つからないものですし、見つかってもどうしようもないものだったりすれば、別の方法に頼るしかありません。そこで登場するのがお薬なんですが、長く使うとどうしても副作用の問題が出てくることがあります。ですからやっぱり最後はなんとか原因を見つけそれを解決したり、生活上の工夫で対策した方がよいということになります。当院ではそれを最終目標にして患者様が「病院に行かなくて済む」ようになるまで、うまく薬を使いながらその病気が出にくくなるコツを一緒に探していきます。もちろん根本的には治せない病気もありますが、そういった場合でも少しでもお薬の悪影響が少なくなるような治療の組み合わせを工夫をしたり、生活指導を行ったりしています。

猿渡 浩(さるわたり ひろし)

猿渡 浩(さるわたり ひろし)

1970年生まれ
鹿児島県立鶴丸高等学校卒業
山口大学医学部医学科卒業
鹿児島大学医学部皮膚科入局

2012年4月より
医療法人邦友会 理事長
猿渡ひふ科クリニック 院長

  • 医学博士
  • 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
  • 日本乾癬学会会員
  • 日本臨床皮膚科学会会員
  • 鹿児島乾癬患者会相談医

業績

※以下は鹿児島大学医学部皮膚科時代の業績を含みます

英文原著(筆頭著書)

3.Real-world expriences of apremilast for Japanese patients with psoriasis in clinic
Saruwatari H
J Dermatol. 2019 Dec;46(12):1166-1169.
2019年12月

2.Trichothiodystrophy Group A : A first Japanese patient with a novel homozygous nonsense mutation in the GTF2H5 gene
Shinichi Moriwaki#, Hiroshi Saruwatari#, Nobuo Nakanishi#, Tamotsu Kanzaki, Takuro Kanekura, Shinsei Minoshima
# These authors contributed equally to this work.
J Dermatol. 2014 Aug;41(8):705-8.
2014年8月

1.Genetic analysis of the ferrochelatase gene in eight Japanese patients from seven families with erythropoietic protoporphyria.
Saruwatari H, Ueki Y, Yotsumoto S, Shimada T, Fukumaru S, Kanekura T, Kanzaki T.
J Dermatol. 2006 Sep;33(9):603-8.
2006年9月

英文原著(共著)

3. Evaluation of an newly developed immunochromatography strip test for diagnosis of dermatophytosis.
Higashi Y, Miyoshi H, Takeda K, Saruwatari H, Kubo H, Sakaguchi I, Iwata M, Uchida Y, Tada K, Miyamoto M, Wakamoto H, Takasaki S, Ishida H, Noriki S, Kanekura T.
Int J Dermatol. 2012 Apr;51(4):406-9.
2012年4月

2. Efficacy of transdermal nicotine patches for eosinophilic pustular folliculitis.
Kanekura T, Mera Y, Mera K, Saruwatari H, Kanzaki T.
Br J Dermatol. 2005 May;152(5):1074-5.
2005年5月

1. Treatment of pustular psoriasis with granulocyte and monocyte adsorption apheresis.
Kanekura T, Yoshii N, Yonezawa T, Kawabata H, Saruwatari H, Kanzaki T.
J Am Acad Dermatol. 2003 Aug;49(2):329-32.
2003年8月

英文症例報告(原著)

2. Cutaneous Mycobacterium intracellulare infection in a bone marrow trans- plantation recipient.
Saruwatari H, Yoshifuku A, Kawai K, Kanekura T.
J. Dermatol. 2010 Feb;37(2):185-187
2010年2月

1. Tungsten granuloma attributable to a piece of lawn mower blade
Saruwatari H, Kamiwada R, Matsushita S, Hashiguchi T, Kawai K, Kanekura T.
Clin Exp Dermatol. 2009 Oct;34(7):e268-9
2009年10月

英文症例報告(共著)

4. Active sensitization to beryllium by diagnostic patch tests.
Yoshifuku A, Kawai K, Saruwatari H, Higashi Y, Kanekura T.
J Dermatol. 2012 Dec;39(12):1084-5.
2012年12月

3. Evaluation of a newly-developed immunochromatography strip test for diagnosing dermatophytosis.
Higashi Y, Miyoshi H, Takeda K, Saruwatari H, Kubo H, Sakaguchi I, Iwata M, Uchida Y, Tada K, Miyamoto M, Wakamoto H, Takasaki S, Ishida H, Noriki S, Kanekura T.
Int J Dermatol. 2012 Apr;51(4):406-9.
2012年4月

2. Selenium deficiency: report of a case.
Kanekura T, Yotsumoto S, Maeno N, Kamenosono A, Saruwatari H, Uchino Y, Mera Y, Kanzaki T.
Clin Exp Dermatol. 2005 Jul;30(4):346-8.
2005年7月

1. Classical juvenile pityriasis rubra pilaris in a patient with Down syndrome.
Terasaki K, Kanekura T, Saruwatari H, Kanzaki T.
Clin Exp Dermatol. 2004 Jan;29(1):49-51.
2004年1月

邦文論文(筆頭著者)

4. とっておきの1症例、10年以上続いていた重症型の乾癬に奏効した例
猿渡浩
J Visual Dermatol 18:1016-1018, 2019
2019年10月

3. 肺扁平上皮癌に合併したBazex症候群
猿渡浩、金蔵拓郎、児浦純生
皮膚病診療, 34(3), 281-284, 2012
2012年3月

2. エクリン母斑
猿渡浩、金蔵拓郎
J Visual Dermatol 10:704, 2011
2011年7月

1. PUVA療法にて皮疹が誘発された痒疹
猿渡浩,島田英彦,持冨勇次,具志亮,神崎保(鹿児島大)
皮膚病診療, 23(3), 275-278, 2001
2001年3月

邦文論文(共著)

4. 熱傷瘢痕部に生じた基底細胞癌の1例
吉福明日香,東裕子,内宮礼嗣,猿渡浩,他
西日本皮膚科, 72(3), 213-215, 2010
2010年6月

3. 乳頭腫大を呈した皮膚平滑筋腫の一例
福丸聖太,馬場千晶,猿渡浩,四本信一,神崎保
西日本皮膚科, 65(4), 333-335, 2003
2003年8月

2. Microsporum Canis感染症の親子例
濱田洋(鹿児島大),猿渡浩,児浦純生(鹿児島市立病院皮膚科)
皮膚病診療, 25(6), 653-656, 2003
2003年6月

1. 多形紅斑から急性汎発性発疹性膿疱症への移行を認めた薬疹
宇宿一成,猿渡浩,島田英彦,金蔵拓郎,神崎保
西日本皮膚科, 62(6), 727-729, 2000
2000年12月

国内学会発表(一般演題)

35. アプレミラストの使用経験
猿渡 浩(鹿児島市)
日本皮膚科学会第179回鹿児島地方会
2017年11月

34. 鹿児島県の乾癬治療の現状と課題 ひふみ会アンケートから
猿渡 浩、島田辰彦(鹿児島市)
日本皮膚科学会第172回鹿児島地方会
2015年7月

33. 表皮嚢腫から発生した有棘細胞癌の1例
猿渡 浩、山筋好子、松下茂人、河井一浩、金蔵拓郎(鹿児島大)、猿渡邦彦(鹿児島市)、三好逸男(鹿児島市立病院)
日本皮膚科学会第161回鹿児島地方会
2011年12月

32. 人工肛門周囲の壊疽性膿皮症に顆粒球吸着療法が有効であった1例
猿渡浩、坂ノ上正直、河井一浩、金蔵拓郎
第63回日本皮膚科学会西部支部学術大会
2011年10月

31. 2010年鹿児島大学病院皮膚科死亡統計
猿渡浩、武田浩一郎、坂口郁代、川﨑美帆、馬場淳徳、馬場直子、久留光博、坂ノ上正直、松下茂人、河井一浩、金蔵拓郎
日本皮膚科学会第159回鹿児島地方会
2011年4月

30. 妊娠に発生し急性肝炎(重症型)を合併した成人発症Still病の1例
猿渡浩、坂ノ上正直、河井一浩、金蔵拓郎(鹿児島大)、田中隆光(鹿児島市)
日本皮膚科学会第158回鹿児島地方会
2010年12月

29. 悪性腫瘍の検索に苦慮したBazex症候群の1例
猿渡浩,金蔵拓郎(鹿児島大),児浦純生(今給黎総合病院皮膚科)
第62回日本皮膚科学会西部支部学術大会
2010年10月

28. 今給黎病院出張報告
猿渡浩,児浦純生(今給黎総合病院皮膚科)
日本皮膚科学会第156回鹿児島地方会
2010年4月

27. Mucinous eccrine nevusの3例
猿渡浩,松下茂人,東裕子,武田浩一郎,久保秀通,米良健太郎,上和田理恵,河井一浩,金蔵拓郎(鹿児島大),神崎保(今村病院分院)
第108回日本皮膚科学会総会
2009年4月

26. イミキモドが著効したボーエン様丘疹症の1例
猿渡浩,吉福明日香,内宮礼嗣,吉井典子,河井一浩,井料香代子,金蔵拓郎
第9回鹿児島STD研究会
2009年1月

25. 草刈り機の刃の破片によるタングステン肉芽腫の一例
猿渡浩,上和田理恵,松下茂人,河井一浩,金蔵拓郎(鹿児島大),橋口貴樹(南九州市)
日本皮膚科学会第151回鹿児島地方会
2008年7月

24. 付属器腫瘍の3例
猿渡浩,東裕子,松下茂人,久保秀通,岩田政宏,米良健太郎,内田洋平,上和田理恵,玉井真理子,河井一浩,金蔵拓郎(鹿児島大)
日本皮膚科学会第150回鹿児島地方会
2008年4月

23. プロピルチオウラシルによるANCA関連血管炎の一例
猿渡浩,金蔵拓郎(鹿児島大皮膚疾患学),森 秀樹,時任紀明,木村崇,鄭忠和(鹿児島大循環器・呼吸器・代謝内科学)
第31回皮膚脈管膠原病研究会
2008年1月

22. PETで悪性腫瘍も疑われた猫ひっかき病の一例
猿渡浩,下川充芳,橋口貴樹,岩田政宏,松下茂人,金蔵拓郎(鹿児島大)
日本皮膚科学会第149回鹿児島地方会
2007年12月

21. 当科における過去10年間の掌蹠膿疱症のまとめ
猿渡浩,多田浩一,松永渓,吉井典子,東裕子,金蔵拓郎(鹿児島大)
第22回日本乾癬学会学術大会(三重県伊勢市)
2007年9月

20. 骨髄性プロトポルフィリン症の7家系8症例におけるフェロケラターゼ遺伝子の解析
猿渡浩,金蔵拓郎,神崎保(鹿児島大)
日本皮膚科学会第148回鹿児島地方会
2007年7月

19. 藤元早鈴病院で経験した症例紹介
猿渡浩,大山公崇,米良ゆかり,川畑久(鹿児島大),北村豪(都城市)
日本皮膚科学会第147回鹿児島地方会
2007年5月

18. Genetic analysis of the ferrochelatase gene in eight Japanese patients from seven families with erythropoietic protoporphyria Saruwatari H, Ueki Y, Yotsumoto S, Shimada T, Fukumaru S, Kanekura T, Kanzaki T.
The 32nd Annual Meeting of The Japanese Society for Investigative Dermatology(横浜市)
2007年4月

17. Genetic analysis of the ferrochelatase gene in eight Japanese patients from seven families with erythropoietic protoporphyria.
猿渡浩,植木ゆり,金蔵拓郎,神崎保(鹿児島大学),島田辰彦(鹿児島市),福丸聖太(垂水市),四本信一(姶良郡)
日本皮膚科学会第141回鹿児島地方会
2005年12月

16. 骨髄性プロトポルフィリン症3家系における皮膚血管病変の電子顕微鏡的検索
猿渡浩,福重智子,植木ゆり,神崎保(鹿児島大学),島田辰彦(鹿児島市),福丸聖太(垂水市),四本信一(姶良郡)
第32回日本電顕皮膚生物学会学会
2005年9月

15. 膿疱を呈したハンセン病の一例
猿渡浩,岩田政宏,寺崎健治朗,神崎保,久保秀徳(鹿児島市)
日本皮膚科学会第138回鹿児島地方会
2004年12月

14. Antiviral activity of 1,3-disubstituted uracils against HCMV
猿渡浩,神崎保,村山次哉,榮鶴義人,丸山徳見(九州保健福祉大学薬学部)
第51回日本ウイルス学会学術集会・総会
2003年10月

13. Antiviral activity of 1,3-disubstituted uracils against HCMV
猿渡浩,神崎保,村山次哉,榮鶴義人,丸山徳見(九州保健福祉大学薬学部)
第40回日本ウイルス学会九州支部総会
2003年9月

12. 多嚢胞性卵巣症候群に合併した慢性蕁麻疹の一例
猿渡浩,川畑久,四本信一,神崎保(鹿児島大),米良修二(鹿児島市)
第32回日本皮膚アレルギー学会総会
2002年7月

11. 高齢者の扁平上皮癌に対する手術例
猿渡浩,吉田延代,寺崎健治朗,岩田政宏,川村絵里奈,金蔵拓郎,神崎保(鹿児島大),内宮礼嗣(川内済生会病院)
日本皮膚科学会第131回鹿児島地方会
2002年7月

10. 顆粒球除去により軽快した掌蹠膿疱症の一例
猿渡浩,川畑久,金蔵拓郎,内宮礼嗣,神崎保(鹿児島大)
日本皮膚科学会第130回鹿児島地方会
2002年5月

9. 多嚢胞性卵巣症候群に合併した慢性蕁麻疹の一例
猿渡浩,川畑久,四本信一,神崎保(鹿児島大),米良修二(鹿児島市)
日本皮膚科学会第127回山口地方会
2002年3月

8. 多剤による紅皮症の一例
猿渡浩,川畑久,四本信一,橋口貴樹,関山光弘,神崎保(鹿児島大)
日本皮膚科学会第129回鹿児島地方会
2001年12月

7. 尋常性乾癬の同一検体におけるPUVAとNarrow-band UVBの効果比較
猿渡浩,片平充彦,米倉健太郎,持冨勇次,武田浩一郎,寺崎健治朗,馬場千晶,神崎保(鹿児島大)
第16回日本乾癬学会
2001年9月

6. 臨床写真管理システム
猿渡浩,神崎保
日本皮膚科学会第127回鹿児島地方会
2001年4月

5. Microsporum Canis感染症の親子例
猿渡浩,児浦純生(鹿児島市立病院皮膚科)
日本皮膚科学会第126回鹿児島地方会
2000年12月

4. エタンブトールによってペラグラ様皮疹を呈した一例
猿渡浩,三好逸男,神田彰,神崎保
日本皮膚科学会第91回宮崎地方会
2000年2月

3. Infantile perianal pyramidal protrusionの一例
猿渡浩,四本信一,溝口志真子,島田英彦,神崎保
日本皮膚科学会第123回鹿児島地方会
2000年1月

2. PUVA療法にて皮疹が誘発された痒疹の一例
猿渡浩,島田英彦,持冨勇次,具志亮,神崎保(鹿児島大)
日本皮膚科学会第311回福岡地方会
1999年11月

1. 悪性が疑われた皮膚線維腫の一例
猿渡浩,橋口貴樹,福丸圭子,瀬戸山充,神崎保(鹿児島大),宮内秀明(国分市)
日本皮膚科学会第122回鹿児島地方会
1999年7月

講演会における講師等

68.生物製剤時代におけるアプレミラストの立ち位置
オテズラ(R)WEB講演会 @m3.com
鹿児島市→全国
2020年4月

67.生物製剤時代におけるアプレミラストの立ち位置
山梨県炎症性疾患セミナー
甲府市
2020年2月

66.バイオ時代におけるクリニックの新たな乾癬診療
乾癬バイオWebセミナー
鹿児島市→全国
2020年1月

65.生物学的製剤時代におけるクリニックの役割
乾癬 Internet Live Seminar
福岡市→全国
2019年12月

64.乾癬治療における病診連携
IL-17A WEB Seminar
久留米市→全国
2019年12月

63.乾癬ハイレベル講座
鹿児島乾癬患者会KAPPA勉強会
鹿児島市
2019年12月

62.生物製剤時代におけるアプレミラストの立ち位置
第83回日本皮膚科学会東京・東部支部合同学術大会
東京
2019年11月

61.乾癬の病態と治療法
Psoriasis Treatment Meeting
鹿児島市
2019年10月

60.生物製剤時代のクリニックの役割
バイオ東葛講演会
東京
2019年10月

59.生物製剤時代における開業医の役割
乾癬生物学的製剤の維持療法を考える会 in 横浜
横浜市
2019年10月

58.生物製剤時代のクリニックの役割
クリニックでの乾癬バイオ治療を考える会 in 九州
福岡市
2019年9月

57. クリニックにおける乾癬治療
アッヴィ合同会社「社外講師招聘勉強会」
鹿児島市
2019年8月

56. 生物製剤時代の開業医の役割
マルホ株式会社鹿児島営業所社内研修会
鹿児島市
2019年7月

55. 実はこんなにあるんです、乾癬治療
鹿児島県乾癬市民公開講座
鹿児島市
2019年6月

55. 生物製剤時代の開業医の役割
Biologics Clinical Seminar
鹿児島市
2019年6月

54. 乾癬治療の組み合わせにおける新しい考え方
Psoriasis Treatment Meeting in Kyushu 2019
久留米市
2019年6月

53. 乾癬治療の組み合わせにおける新しい考え方
Psoriasis Treatment Meeting in Tochigi
宇都宮市
2019年6月

52. クリニックこそ乾癬治療の要
横須賀・三浦地区乾癬を考える会
横須賀市
2019年5月

51. アプレミラストの使用経験
Psoriasis Treatment Meeting in Kyushu 2019
鹿児島市
2019年5月

50. 乾癬のトータルマネージメント
Psoriasis Treatment Meeting in Kyushu 2019
長崎市
2019年5月

49. 乾癬治療の組み合わせにおける新しい考え方
オテズラミーティング神奈川
横浜市
2019年4月

48. パネルディスカッションパネラー
乾癬治療を語りあう会
福岡市
2019年4月

47. 皮膚慢性疾患:アトピー性皮膚炎・慢性蕁麻疹・乾癬
富田薬品株式会社鹿児島支店社内講演
2019年4月

46. アプレミラストの使用経験
Psoriasis Treatment Meeting in Kyushu 2019
北九州市
2019年3月

45. Real world QOL/PRO of apremilast from GP
Patient Centric Psoriasis Treatment
東京
2019年3月

43. クリニックこそ乾癬治療の要
Heal & Treat Psoriasis Conference
宮崎市
2019年3月

42. クリニックこそ乾癬治療の要
ノバルティスファーマ株式会社鹿児島営業所社内講演
2019年3月

41. 治しにくい頭部乾癬を攻略する
協和発酵キリン株式会社鹿児島営業所社内講演
2018年12月

40. デュピルマブで寛解した重症アトピー性皮膚炎の2例
鹿児島県皮膚科医部会学術講演会
2018年11月

39. アプレミラストは長期的基本治療となり得るか
日本皮膚科学会西部支部学術大会プレランチョンセミナー
松江市
2018年11月

38. 生物学的製剤を開業医においてどう使うか?
鳥居薬品株式会社鹿児島オフィス社内講演
2018年11月

37. QOLの維持・向上に挑む乾癬治療
乾癬治療フォーラム
京都市
2018年10月

36. QOLの維持・向上に挑む乾癬治療
~新たな選択肢アプレミラストが果たす役割とは~
セルストリームWebセミナー(全国向け)
2018年10月

35. 生物学的製剤を開業医においてどう使うか?
コセンティクスアドバイザリーミーティング
2018年9月

34. クリニックにおける乾癬治療
~作用機序や継続可能性に基づく組み合わせ~
マルホ株式会社鹿児島営業所社内講演
2018年8月

33. 長期視点で見た乾癬治療とオテズラ錠の役割
Psoriasis Treatment Meeting in Kyushu 2018
長崎市
2018年7月

32. 治しにくい頭部乾癬を攻略する
協和発酵キリン株式会社鹿児島営業所主催社内講演
富田薬品株式会社鹿児島支店
2018年5月

31. 長期視点で見た乾癬治療とオテズラ錠の役割
福岡女医の会
福岡市
2018年5月

30. アプレミラストの使用経験
Psoriasis Treatment Meeting in Kyushu 2018
鹿児島市
2018年5月

29. 長期視点で見た乾癬治療とオテズラ錠の役割
Psoriasis Treatment Meeting in Kyushu 2018
那覇市
2018年4月

28. アプレミラストの使用経験
Psoriasis Treatment Meeting in Kyushu 2018
北九州市
2018年3月

27. アプレミラストの使用経験
エキスパートミーティング2018
セルジーン株式会社本社/東京
2018年1月

26. 乾癬
大鵬薬品株式会社鹿児島出張所社内講演
2017年12月

25. 乾癬
鳥居薬品株式会社鹿児島オフィス社内講演
2017年12月

24. アプレミラストの使用経験
鹿児島県皮膚科医部会学術集会
オテズラ発売記念講演会症例報告
2017年11月

23. 乾癬の症状に合わせたアプレミラスト導入のコツ
セルストリームWebセミナー(全国向け)
2017年10月

22. 乾癬の総論と治療、アプレミラストの位置付け
セルジーン株式会社社内講演(鹿児島事務所)
2017年9月

21. 乾癬、アプレミラストが加わりこれからの治療はどう変わる?
マルホ株式会社鹿児島営業所社内講演
2017年8月

20. 乾癬、アプレミラストが加わりこれからの治療はどう変わる?
協和発酵キリン株式会社鹿児島営業所
2017年6月

19. パネルディスカッションパネラー
鹿児島県皮膚科医部会学術集会
2017年3月

18. 乾癬、総論と最近の話題、乾癬の未来
富田薬品株式会社鹿児島支店
2017年2月

17. 蕁麻疹と抗ヒスタミン剤
科研製薬株式会社鹿児島営業所社内講演
2016年11月

16. パネルディスカッションパネラー
鹿児島県皮膚科医部会学術集会
2016年10月

15. 湿疹・皮膚炎総論とアトピー性皮膚炎における抗ヒスタミン剤について
大鵬薬品株式会社鹿児島出張所社内講演
2016年10月

14. 乾癬、総論と最近の話題(生物製剤)
協和発酵キリン株式会社鹿児島営業所
2016年10月

13. 乾癬市民講座パネルディスカッション司会
天文館ビジョンホール(鹿児島市)
2016年6月

12. 乾癬におけるカルシポトリオール・ベタメタゾンジプロピオン酸エステル配合剤について
協和発酵キリン株式会社社内教育ビデオ収録
2016年6月

11. アトピー性皮膚炎
大鵬薬品株式会社鹿児島出張所社内講演
2016年6月

10. 乾癬、総論と最近の話題(配合剤)
協和発酵キリン株式会社鹿児島営業所
2016年4月

9. 乾癬、総論と最近の話題、乾癬の未来
マルホ株式会社鹿児島営業所社内講演
2014年7月

8. アトピー性皮膚炎
大鵬薬品株式会社鹿児島出張所社内講演
2013年11月

7. アトピー性皮膚炎
鳥居薬品株式会社鹿児島オフィス社内講演
2013年11月

6. 乾癬、総論と最近の話題、乾癬の未来
グラクソ・スミスクライン九州支店鹿児島営業所社内講演
2013年1月

5. アトピー性皮膚炎
サノフィ株式会社鹿児島営業所社内講演
2012年10月

4. アトピー性皮膚炎
鳥居薬品株式会社鹿児島オフィス社内講演
2012年7月

3. アトピー性皮膚炎
グラクソ・スミスクライン九州支店鹿児島営業所社内講演
2012年6月

2. 乾癬、基礎と最新治療(生物製剤)
田辺三菱製薬株式会社鹿児島第一営業所社内講演
2010年3月

1. 乾癬、基礎と最新治療(生物製剤)
エーザイ株式会社鹿児島コミュニケーションオフィス社内講演
2009年12月